最高においしい豚丼を堪能しよう!豚丼の特徴や基本レシピなどをまとめて紹介します

ごはんの上に具材を盛り付けた丼もので、相性が抜群なので一緒に食べることで味がより引き立ちます。豚丼のレシピ としては、まず豚肉と玉ねぎがベースとなり、だしと醤油などを合わせてタレを作ります。 中火にした鍋にたれを入れ火にかけて温めると、一度煮立ったら中火から弱火にして煮詰め、これにより甘辛い味が引き立ちます。薄切りの豚肉を加えて火を通すと、途中でアクを取るとさらに美味しさがアップします。豚肉が煮えたら薄切りの玉ねぎを加え、火を止めて玉ねぎがしんなりするまでそのままでおけば、最高の豚丼の出来上がりです。

豚丼の歴史!豚丼が食べ始められたのはいつ?

豚丼の歴史は意外に長く、その起源は昭和初期の北海道十勝地方の帯広市内の食堂から始まったといわれています。当時の帯広市は、広い土地を生かした養豚業が盛んであり、厚切りの豚肉にタレをからめて焼いたものをご飯に乗せた丼ものが登場しました。現在では帯広市の郷土料理として全国的にも知られる名物料理です。豚丼の誕生には、うな丼の代替メニューという側面もありました。昭和初期の帯広では、高価なうなぎを手に入れられなかったため、身近にあった手頃な豚肉を使用したと考えられており、現地のスタミナ料理としての性格を持ちます。豚丼専用のタレも開発販売されており、十勝地方・帯広に訪れたときは本場の味の味を楽しんでみると良いでしょう。外食店のメニューや弁当に加えて、豚丼のレトルト通販サービスも登場しているので全国各地から注文してもらえます。専用のタレさえあれば、自宅でも簡単に調理できるのも魅力なので機会があれば試してみても良いでしょう。

豚丼を自宅で作ってみよう!基本レシピを紹介

一人暮らしの自宅料理で高い人気を誇るのが、豚肉と甘辛いたれでご飯を食べる豚丼です。基本的なレシピは玉ねぎをお好みの太さに切った後に、そのままでもよいですが電子レンジがあるときには600ワットで1分だけ加熱すると調理時間の短縮に加えて甘みが出ます。次にお好みの豚肉の部位を用意して一口大に包丁で切ったら、臭みけしで塩と料理酒をかけておくとよいです。目玉焼きを作るための小さいサイズのフライパンを用意し、そこに分量通りの水とめんつゆを加えます。めんつゆ単体でもおいしいですが、そこに料理酒とみりんを加えると深みが出るのでおすすめです。だし汁が冷たいときに玉ねぎを入れて加熱し、沸騰したら下味をつけておいた豚肉を加えて煮ます。煮ている間にどんぶり茶碗にご飯をよそい、豚肉に完全に火が通ったことを確認したら具だけをのせます。フライパンに残っている出汁を、そのまま火にかけ続けて煮詰める作業を行って好みの色合いになったらご飯にかけて豚丼の完成です。

好みの部位で豚丼を作ってみよう!

豚丼は豚肉を使って作られたどんぶりものです。そのため豚肉さえ使えば簡単に作ることができます。とはいえ豚肉と一口に言っても様々な部位があります。どこのお肉を選ぶかによって味も食感もかなり変わってくるので、色々と試してみて自分にとって最高の豚丼を目指してみましょう。 とにかく手っ取り早く作りたいというのであれば、細切れや切り落としがおすすめです。あらかじめ薄くスライスされてパックに入っているので、取り出してお鍋に入れるだけで簡単に好みの豚丼を作ることができます。ただしこれらの部位の豚肉は食感が硬めであるものも多く、人によっては好みに適さないかもしれません。そこでおすすめなのが肩ロースです。この部位は豚肉の中でも肉質が非常に柔らかいと言われており、食感の良い豚丼を作ることができます。また脂身もほどよく入っていますから、食べやすいだけでなく旨味が感じられるのも特徴です。一方で豚バラ肉は脂身が多すぎることがあるので、購入の際にはしっかりと見極めるようにしてください。

おいしい豚丼を食べる時におすすめのシーンを紹介

牛丼は定番の外食ですが、豚丼も同様に味わえます。また、豚肉が家庭料理として当たり前の存在になっているため、どちらかといえば家庭で作られるのに向いているのが豚丼といえるでしょう。豚丼を出すのにおすすめのシーンは、作る時間が短かったり、とりかかるのが遅れたときなどです。基本的にはタマネギを似て、そこに豚肉を加えて味付けをすれば出来てしまうので料理工程は簡単な方と言えます。つまりサッと作れる上に美味しいというのが特徴であり、嫌いな人もいないであろう料理なので食べる側にも作る側にも人気なのです。あとはご飯が美味しく炊けた時や、運動してとにかくたくさん食べたい時などにも向いています。牛丼チェーン店で特盛りなどの大きいサイズがあるように、食べたい人はたくさん食べたいのが豚丼の特徴なのです。サイドにあった方がいいのは紅ショウガ、漬物やラッキョウなどがあるとありがたいですが、面倒ならメインを多くしてしまいましょう。

豚丼と一緒に食べるおすすめサイドメニューとは?

豚丼と一緒に食べると美味しいサイドメニューには、どんなものがありますか。基本的にはさっぱりとしたものがよく合います。サラダや酢の物が、豚丼の美味しさを引き立ててくれます。好みにもよりますが、最高の組み合わせの一つはほうれん草のお浸しです。 ほうれん草は栄養豊富でビタミンCや鉄分を含んでいます。さらに食物繊維も豊富なので、健康にも良いです。おひたしにすることでさっぱりとした味わいになり、豚丼の濃い味を引き立てること間違いなしです。 ほうれん草をおひたしにするためには、まずほうれん草をゆでます。ゆで上がったら水にさらし、しっかりと水気を絞ります。そしてお皿に盛り付け、ポン酢をかければ完成です。シンプルで簡単な副菜ですが、一緒にいただく爽やかな味わいが口の中に広がります。 豚肉を野菜と一緒に取り入れることは消化を助けるので、食後も胃もたれすることはありません。すぐに仕事を始める時でも、体が重く感じることはないはずです。

豚丼のタレを使ったアレンジレシピを紹介

豚丼は日本料理の定番メニューの一つであり、多くの人々に愛されています。いつも同じような味付けに飽きてしまったり、新しいアレンジ方法を探している方もいるのではないでしょうか。そこで、今回はタレを使ったアレンジレシピを紹介します。 まずはタレを使って豚肉をマリネし、フライパンで焼きます。焼き豚丼は、さっぱりとした味わいに仕上がりますので、夏場に特におすすめです。ごはんの上に焼き豚をのせ、タレをかけるだけで簡単に作ることができます。 次に豚肉を炒めた後、チーズをトッピングしてとろけるまで加熱します。チーズのコクとタレの甘みが絶妙にマッチし、食べ応えのある一品となるのです。チーズ好きにはたまらない美味しさです。 最後に豚肉を炒めた後、ルーと水を加えて煮込みます。タレとカレールーが絶妙に絡み合い、深いコクとスパイシーさが楽しめます。ごはんの上にカレー豚丼を盛り付け、お好みでトッピングを加えるとさらに美味しさが増すでしょう。

これ1本あれば自宅で手軽に豚丼を作れる!おすすめの豚肉のタレ

あまり食欲が無かったり料理を作る元気がそこまで無いと感じている場合、夕食の支度をするだけでも億劫に感じてしまって酷い疲れを感じる場合もあるでしょう。 しかし、ちゃんと食べないと体力を十分に回復させることができなくなってしまうので、どうしても料理することが面倒なら自宅で気軽に作れる豚丼に挑戦してみてはいかがでしょうか。 豚丼なら少ない材料で気軽に作ることができますし、手軽さも感じられるので調理が苦手な人でも美味しく作ることが可能になります。 また、もっと手軽さを感じたいと思っているのであれば、たった1本使うだけで美味しい豚丼に仕上がると評判の市販のたれをぜひ利用してみてください。 おすすめは、様々なタレを販売していて全国的に知られている食品メーカー「エバラ」が販売している豚丼のたれになります。 炭火の程よい香ばしさと濃口醤油の美味しさがしっかりと感じられる絶品のタレになっているので、興味を持たれた方はぜひ購入してみることをおすすめします。

タレに調味料をちょい足し!豚丼のちょい足しアレンジ

豚丼は日本人にとって馴染み深いメニューであると言えます。一般的には、薄くスライスした豚肉を甘辛いたれとともにご飯の上にのせたシンプルな料理であるが、さまざまなアレンジが可能です。 まず、ちょい足しアレンジとしてお勧めなのは、タレに調味料を追加するです。例えば、お好み焼きのソースやウスターソースをタレに加えることで、豚丼の味に深みを与えることが可能です。さらに、酢やレモンの絞り汁を少量加かけることで、さっぱりとした味わいを楽しむことも出来ます。 盛り付けにちょい足しするアレンジも有効であると言えます。例えば、刻みネギやごまをトッピングすることで、見た目にアクセントを加えることができるのです。からしや七味唐辛子を添えることで、辛味をプラスすることもできるでしょう。 以上のように、タレに調味料をちょい足しすることで、豚丼の味わいをより深めることができます。自分なりのアレンジを試してみるなら食事が楽しくなるのです。

調理前の豚丼の具の保存方法を紹介

調理前の豚丼の具を保存方法は簡単です。密閉できる保存袋の中で、まずは具材と調味料を混ぜ合わせます。醤油3・みりん2・砂糖1・お酒1の割合をベースに、お好みのバランスで作った調味料と豚丼の具材を混ぜ合わせておきます。保存性を高めたい場合はお酒に加えて、抗菌作用のあるしょうがを加えるのもおすすめです。具材と調味料を入れたら、少し揉み込むと味がよく馴染みます。空気をしっかり抜いて袋を閉じたら、冷蔵庫または冷凍庫で保管するだけです。数日以内に食べるなら冷蔵保存でも大丈夫ですが、長期間保存したい場合は冷凍保存しましょう。豚丼を食べたいときに保存袋を取り出して加熱し、ご飯の上にのせれば豚丼が出来上がります。具材を冷凍する場合は、1食分ずつ小分けしておくと便利です。1度解凍すると再冷凍はできないので、具をまとめて保管する場合は気をつけてください。熱伝導の良い金属製バットにのせて保管すると、素早く具を凍らせることができます。

豚丼の通販ならココに関する情報サイト
豚丼について紹介します

人気ある料理の一つで、美味しさとシンプルな調理法が多くの人に愛されているのが豚丼です。主に豚肉と玉ねぎ、味付けにはだしや醤油、みりんと砂糖などシンプルで身近な材料を使用します。特徴的な味わいは甘さとしょっぱさが絶妙に組み合わさったもので、みりんと砂糖が味わいを引き立てるといえます。シンプルながら美味しい日本の料理で、家庭料理からレストランまでさまざまな場面で楽しむことができるので、ぜひ試してみてください。

Search